母指CM関節症

母指CM関節症

母指CM関節症とは

母指は親指のことで、母指CM関節症では親指に力がかかる動作をする際に手くびの母指の付け根付近に痛みが生じます。親指の付け根の関節が母指CM関節で中手骨という骨と大菱形骨という骨で構成されています。このCM関節の軟骨がすり減り、変形性関節症を起こしたものが母指CM関節症です。

 

 

母指CM関節症の原因

親指は他の指と向き合うことで「握る」「つまむ」などの様々な動作を可能にしています。これ役割を担うのが母指CM関節であり、この関節は可動域が広く、使い過ぎや加齢などにより、関節軟骨の摩耗が起きやすくなっていきます。さらに使い続けることで関節が腫れ、亜脱臼が起こり、変形も進行していきます。

母指CM関節症の症状

「握る」「つまむ」といった動作の際に、手くびにある親指の付け根付近で痛みが起こります。ビンの蓋を開ける時や、ボタンをかける際の痛みで気付くケースがよくあります。進行すると親指の付け根付近がふくらんできて、親指が開きにくくなってしまいます。

 

母指CM関節症の治療

保存的療法では、シップや塗り薬など外用剤、温熱療法などのリハビリ、CM関節保護用の装具を使った固定を行います。痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤の内服や関節内注射を行う場合もあります。
保存治療で痛みが緩和されず、日常生活に支障をきたす場合には手術を行います。CM関節を固定してしまう関節固定術の他、大菱形骨を摘出する術式や一部を切除して靱帯を再建する切除関節形成術などがあります。この場合は当クリニックの連携医療機関へご紹介します。

 

Tel.072-631-3663