デュピュイトラン拘縮

デュピュイトラン拘縮

デュピュイトラン拘縮とは

手のひらから指にかけてしこりやこぶのようなものができ、徐々に皮膚がひきつれ、指が伸ばしにくくなるなどの症状を起こす疾患です。薬指と小指に発症することが比較的多く、他の指や足のうらにもできることがあります。この疾患を初めて詳細に報告したフランスの外科医ギヨーム・デュピュイトランの名前から名付けられました。

デュピュイトラン拘縮の原因

発症の原因はよくわかっていません。手のひらの皮下には腱膜と呼ばれる各指に向かって扇状に広がっている線維性の組織であります。この腱膜にコラーゲンが異常に沈着することで拘縮索ができ、指が曲がる原因となっています。
高齢の男性に比較的多くみられるほか、家族に同じ病歴がある、糖尿病、手に外傷のある方などがなりやすいといわれています。

デュピュイトラン拘縮の症状

初期症状

手のひらに結節(しこりやくぼみ)が出現します。

中期症状

進行してくると拘縮索が出現し、徐々に指が曲がり始め、関節の動きが制限されるようになります。一般的に痛みを伴うことはあまりありませんが、一時的に結節や拘縮索に痛みや腫れを伴うことがあります。

後期症状

指を伸ばすことができなくなります。指が曲がって伸ばせないことにより洗顔や握手などの日常生活に不便をもたらすようになります。
病気の進行速度は一定ではなく、急に症状が進行したり、ゆっくりと曲がっていったりと予測することが困難です。

デュピュイトラン拘縮の診断

腱の断裂や癒着、腫瘍など他の病気との鑑別が必要ですが、手のひらの結節(しこりやこぶのような皮膚のひきつれ)と典型的な指の変形で診断がつきます。

デュピュイトラン拘縮の治療

特に痛みを感じることはないので日常生活に支障がない場合は経過観察をします。
ただし自然経過で改善することはない疾患ですので、症状が進行し日常生活に支障が出てくると治療が必要となります。

注射による治療(酵素注射療法:ザイヤフレックス)

拘縮索を構成する成分であるコラーゲンを分解する薬剤を局所注射することにより、拘縮索を断ち切る治療法です。
当院は酵素注射療法の実施可能施設です。ご希望の方はご相談ください。

手術治療

手のひらや指の皮膚を切開し、原因となっている拘縮索を切除します。

Tel.072-631-3663