整形外科

整形外科とは

整形外科とは当クリニックの整形外科では、骨・関節など身体の芯になる骨格系と、それを囲む筋肉・靱帯・神経などによって構成される「運動器」の病気、機能障害、外傷による損傷の診断と治療を中心に行っております。

ここで言う運動器とは、身体の上から、首、肩、肘、手首、手のひら、指、背中、腰、股関節、膝、足首、足を指します。つまり、首からつま先までが診断と治療の対象ということになります。お子様からご高齢の方まで、年齢問わず診療対象としております。
このため、当クリニックにお越しになる患者様の疾患内容は多岐に亘ります。たとえ同じ疾患でも、その患者様の年齢、性別、体格、職業、日常生活、スポーツ歴などにより治療法は異なります。
多くの疾患に対する治療の基本は保存療法(手術を行わない治療法)です。大きな外傷や保存療法で改善が得られない場合、早期社会復帰を目的とする場合には手術を行うこともあります。当クリニックでは薬物治療、装具療法、リハビリテーション、生活指導、手術などさまざまな治療方法を組み合わせたうえで、「その患者様の希望に沿った最良の治し方」を大切にしております。
手術治療の場合は当クリニックの連携医療機関、またはご希望の医療機関へご紹介させて頂いております。

このようなお悩みはご相談ください

各部位別疾患

以下は当クリニックで取り扱う疾患・外傷の一部です。

・頚部(くび)

・頚部(くび)頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚椎症性神経根症、頚肩腕症候群、むち打ち、肩こり、頚肩腕症候群、関節リウマチなど

・肩

五十肩、肩関節周囲炎、凍結肩(肩関節拘縮)、腱板断裂、野球肩、胸郭出口症候群、変形性肩関節症、肩関節脱臼、関節リウマチ、鎖骨・上腕骨・肩甲骨骨折など

・ひじ

上腕骨外上顆炎、上腕骨内上顆炎、野球肘、肘部管症候群、肘内障、変形性肘関節症、関節リウマチ、ひじ周辺の上腕骨・橈骨・尺骨骨折、肘関節脱臼・靱帯損傷など

・手首

腱鞘炎(ド・ケルバン氏病、伸筋腱、屈筋腱)、手根管症候群、ギオン管症候群、関節リウマチ、変形性手関節症、尺骨突き上げ症候群、TFCC損傷、石灰沈着性腱炎、キーンベック病、手首周辺の橈骨・尺骨骨折、舟状骨骨折などの手根骨骨折、手根不安定症、ガングリオンなど

・手指

ばね指、腱鞘炎、ヘバーデン結節、ブシャール結節、関節リウマチ、母指CM関節症、手指の骨折・脱臼、マレット指など

・胸背部

胸椎圧迫骨折、肋骨骨折、肋軟骨損傷など

・腰

・腰ぎっくり腰、急性腰痛症、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、腰椎捻挫、腰椎圧迫骨折、骨粗しょう症

・股関節

変形性股関節症、臼蓋形成不全、関節リウマチ、単純性股関節炎、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、関節唇損傷、大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折など

・大腿(ふともも)

肉ばなれ、大腿骨々折など

・膝

・膝変形性膝関節症、膝内障、前十字靱帯損傷、内側側副靱帯損傷、半月板損傷、痛風、関節リウマチ、偽痛風、鵞足炎、ジャンパー膝、オスグット・シュラッター病、ベーカーのう腫、膝蓋骨脱臼、膝周辺の骨折など

・下腿(すね・ふくらはぎ)

・下腿(すね・ふくらはぎ)肉ばなれ、筋挫傷、シンスプリント、脛骨疲労骨折、脛骨・腓骨の骨折など

・足首

・足首ねんざ、外側側副靱帯損傷、アキレス腱断裂、アキレス腱症、関節リウマチ、距骨骨軟骨病変、足関節周辺骨折・脱臼など

・足・足指

・足・足指扁平足、外反母趾、関節リウマチ、踵骨棘、足底腱膜炎、足根管症候群、有痛性外脛骨、陥入爪(巻き爪)、足部の骨折など

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科当クリニックでは、スポーツ整形外科の診療を行っております。
「スポーツは身体に良いもの」というイメージがあり、その通りではあるですが、間違った身体の動かし方をしたとき、疲労の蓄積が限界を超えたときなどに身体のどこかに障害を引き起こすことがあります。
障害が起きてしまったときには、安静、装具療法、リハビリなどを組み合わせながら早期回復を目指します。靭帯損傷、腱・靭帯の炎症、肉ばなれ、疲労骨折などの外傷・障害の特殊性、そして患者様が競技者としてどのような選択をしたいかといったお気持ちの面を確認しながら、診療を進めて参ります。

Tel.072-631-3663