ガングリオン

ガングリオン

ガングリオンとは

内部にゼリー状の内容物が詰まった腫瘤です。典型的なものは手くびの背側(手の甲側)に生じるガングリオンです。これは手関節の関節包につながっています。
その他のガングリオンのできやすい場所としては、掌側(手のひら側)では手くびの親指の付け根の辺りやばね指の生じる指の付け根の辺りなどがあります。足くびや肘、膝などにもできることがあります。

 

ガングリオンの原因

手を良く使うからできるというものではなく、なぜガングリオンができるのかはまだはっきりとわかっていません。関節を包む「関節包」と呼ばれる組織や腱鞘の一部が風船状の袋となり発生する良性の腫瘤であり、若い女性に比較的多く発症します。

 

ガングリオンの症状

大きさは米粒大からピンポン玉大までです。痛みなどの症状は出ないことも多いですが、ガングリオンが神経の付近にできて神経を圧迫すると痛みやしびれを生じることがあり、運動障害や感覚障害が起こるケースもあります。
関節付近にできたガングリオンでは関節の動きで痛みが出ることがあり、指の付け根にできたガングリオンでは腱鞘炎の原因になることもあります。

指の関節付近に生じた場合

指を広げにくいといった症状が現れます。稀に、手の痺れ、力が入らないといった症状が起こるケースも見られます。

膝の関節に生じた場合

膝に痛みを伴うことがあります。

くるぶし付近に生じた場合

痛みが強くなりやすく、症例によっては歩けなることもあります。

ガングリオンの診断

触診とエコーを行い、注射針を刺してゼリー状の内容物を確認して診断します。
皮膚の表面より深い部分にある場合や他の疾患が疑われる場合はレントゲンやMRIを撮ることもあります。

ガングリオンの治療

ガングリオンと診断されていて、痛みなどの症状がなければ経過観察でも問題はありません。一度も診断を受けていない場合は他の疾患の可能性もあるので整形外科で診断を受けてください。
当院ではエコーを使用しながら注射針で穿刺し内容物を吸引・排出します。
ただし再発することもあり、何度か繰り返すようであれば手術を行うこともあります。この場合は当クリニックの連携医療機関へご紹介します。
また、腱鞘炎を合併したガングリオンでは注射針による穿刺の他に、注射(局所麻酔とステロイド剤)を行ったり、院内での日帰り手術を行っています。
痛みがなくても見た目が気になる方もお気軽のご相談ください。

Tel.072-631-3663