手根管症候群

手根管症候群

手根管症候群とは

手根管とは、手くびにある骨と靭帯に囲まれた空間で、指を曲げる腱と正中神経という神経が通る場所です。手根管症候群とはこの手根管内で正中神経が圧迫され、しびれや痛みなどを惹き起こす疾患です。

手根管症候群の原因

中高年の女性や、仕事などで手を酷使する方に多く見られる傾向があります。その他、手くびの骨折、手根管内にできた腫瘍、リウマチなどによる滑膜炎、妊娠、糖尿病、腎疾患、人工透析、痛風などが原因として起こることもあります。

手根管症候群の症状

しびれ

手根管症候群における顕著な症状は、手のしびれです。親指から薬指の中指側半分にかけてしびれが生じる一方、薬指の小指側半分と小指にはしびれが見られないことが特徴的な症状です。ただし、感覚としては全ての指がしびれているように感じることもあります。

痛み

手根管症候群では、しびれに加えて痛みも生じます。夜間や明け方に痛み、その痛みで目を覚ますというお話は患者様からよくきかれる症状です。

筋委縮

手根管症候群が進行すると、母指球筋(親指の付け根のぷっくりした筋肉)が次第に痩せていきます(萎縮)。
筋力の低下により、指を使う細かな動作が困難になります。ボタンをかけられない、小銭がつまみにくいといった自覚症状が現れれば、筋委縮を疑う必要があります。

手根管症候群の診断

しびれや痛みがどの範囲に起きているのかを確認、電気生理学的検査により神経障害の程度を測り手根管症候群の診断を行います。他疾患(頚椎の変形や胸郭出口症候群、他の正中神経障害など)との鑑別診断が重要です。

手根管症候群の治療

まずはビタミン剤の服用、装具による手くびの安静などを行います。改善がみられなければ手根管内に局所麻酔薬とステロイド(副腎皮質ホルモン剤)を注射する正中神経ブロックを行います。
これらで十分な効果が得られない場合には手術を行います。手根靭帯の切離で正中神経の圧迫を取り除きます。また症状が進行して親指の動きが悪くなっている場合は、親指の機能回復を促す「母指対立再建術」を同時に行うこともあります。

Tel.072-631-3663